上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
NCM_05560001.jpg


行政書士 田島勇人先生のセミナー参加しました。
平成24年7月9日より、新しい在留管理制度がスタートするとのこと。

私の仕事としては、登記名義人が外国人の場合に、影響があり、興味深く、拝聴させていただきました。


新しい制度では、

1.90日以上滞在する外国人には「在留カード」が交付される。
これまでの外国人登録証明書は、廃止されて、「在留カード」となります。
一定期間は、今までの外国人登録証明書も「在留カード」とみなすことになる。
日本人と同様に、住民票台帳に記載されるようになる。印鑑登録も出来る。
通称名は、「在留カード」には、記載されない。住民票台帳に記載されることになる。

2.在留期間が最長3年⇒最長5年になります。

3.再入国制度が変わります。
パスポート及び在留カードを所持している外国人が、一年未満の出国をする場合には、原則、再入国許可を受ける必要がない。

4.外国人登録制度が廃止される。



いい勉強させていただきました。
スポンサーサイト
2012.05.01 Tue l セミナー参加 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sugichou.blog79.fc2.com/tb.php/340-954218e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。